HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 赤山街道越谷道を歩いています 最終更新日 R2/11/21  赤山街道吉川道をアップしました

富士道 道中記 五街道の旅に戻る.

脇往還の旅に戻る


江戸時代、富士山を信仰する庶民によって各地に「富士講」が作られ
多くの人々が富士山頂を目指して江戸を出発した。
その人達は甲州道中を大月まで歩き、桂川手前の追分から富士道に
入って まずは上吉田(富士吉田市)の富士浅間神社で安全祈願。
その後 登山道に入り山頂をめざしたのだった。

往時は大変な賑わいで白装束の巡礼者で富士道が真っ白になった
という。

今回の旅は甲州街道の大月追分から富士浅間神社までの旅だが
街道沿いには石仏・石塔が多いのでこれらを探しながらの歩きとなる。


大月追分から十日市場まで

十日市場から下吉田まで

下吉田から富士浅間神社まで