HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 布施街道を歩いています 最終更新日 H30/11/25  高岡から中高津までをアップしました

布施街道 道中記 『五街道の旅』に戻る.

『脇往還の旅』に戻る


   *************************

 布施街道は水戸街道の脇往還として享保15年(1730)
開かれた街道で、水戸街道の根戸十字路(柏市)から分かれ、
布施弁天、利根川の七里ケ渡し、守谷、板橋不動尊、矢田部、
を経て土浦の中高津で再び水戸街道に合流する。

  この街道は矢田部藩、笠間藩が参勤交代で使った道だが、
新四国相馬霊場巡礼者の道、布施弁天や板橋不動尊への
参詣者の道でもあった。

 脇往還であったが利用者が多く、水戸街道の宿場が寂れて
しまったことから水戸藩から元文4年(1739)に布施街道では
なく水戸街道を通るようにとの通達が出されたという

   *************************


①根戸十字路から守谷まで

➁守谷から高岡まで

③高岡から中高津まで