HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 姫街道を歩いています 最終更新日 H30/5/28  小豆餅から落合橋までをアップしました

浜街道 道中記絹 の 道 五街道の旅に戻る


『脇往還の旅』に戻る


 安政6年(1859)、横浜港が開港され外国との貿易が始まったが、その主流となったのが欧米へ
輸出される生糸であった。この生糸は多摩地域はもとより、山梨、埼玉、長野、群馬から八王子に
集められ、鑓水(やりみず)峠を越えて浜街道を通り横浜港まで運ばれていた。
 この街道を別名「絹の道」と呼んでいるが昭和20年代、地域の研究者らによって名付けられた
もので今ではすっかり定着。鑓水峠から下る1kmほどは、往時の道がしっかり残されている。
 生糸の輸送路として重要な役割を果した浜街道であるが明治41年(1908)に横浜鉄道(現JR横浜線)
が開通しその役目を終えている。
 八王子を出発した浜街道は多摩丘陵の鑓水峠を越え、町田街道沿いを通り、国道16号を何回か
横断しながら横浜市内に入る。横浜市内では、僅かな区間であるが旧東海道を通り、JR横浜駅の
南側を通って横浜港へ。
 終着点は明確に決まっているわけではないので、今回の旅では横浜港前の「シルク博物館」とした。
 浜街道(絹の道)の旅
        @ 八王子から町田市小山町まで ⇒ A町田市小山町から町田市辻まで ⇒ B町田市辻 から 横浜上星川まで ⇒ C横浜上星川からシルク博物館まで

五街道の旅に戻る