HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/11/5 西国分寺から所沢をアップしました

鎌倉街道中道
五街道の旅に戻る

脇往還の旅に戻る

 ①鎌倉から柏尾まで  ②柏尾から中山まで  ③中山から溝口まで   溝口から二子橋まで   二子橋から渋谷(並木橋)まで
  渋谷から抜弁天厳島神社(新宿余丁町)まで    抜弁天から東池袋  ⑥東池袋から川口宿まで

 鎌倉街道とは、幕府のある鎌倉と地方とを結んだ幹線道路の総称。
鎌倉幕府の御家人が「いざ鎌倉」の際、素早く馳せ参じるために整備された
道路で、古代の官道や地方道を繋いで建設された。

 吾妻鏡には鎌倉往還、鎌倉路などと記されているが、江戸時代になると
鎌倉街道と呼ばれるようになり、その呼称が現在も各地で使われている。

 鎌倉街道は『上道(かみつみち)』、『中道(なかつみち)』、『下道(しもつみち)と呼ばれる3本の幹線道路があり、ここから数多くの支道が枝分かれしていた。


鎌倉街道中道(なかつみち)
 鎌倉を出た街道は巨福呂坂を通って戸塚方面に向かい、中山を経て
荏田付近から矢倉沢往還とほぼ同じルートで多摩川の二子の渡しを渡る。
 多摩川を渡った後、東へ進路を変えて、新宿、赤羽を通って岩淵の渡し
から川口に入り、鳩ヶ谷、幸手、古河を通って奥州に至る。


 今回の旅は埼玉県の旧川口宿まで歩くことにした。その先は日光御成道
日光街道と重なっている。

このルートは芳賀善次郎著 『旧鎌倉街道探索の旅・中道編』 を参考にしました。