HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/8/30  上瀬谷から本町田をアップしました
木下街道道中記 『五街道の旅』に戻る
『脇往還の旅』に戻る

 木下(きおろし)街道は旧江戸川の本行徳河岸から八幡、鎌ヶ谷、白井を
経て木下河岸までの約9里。

 江戸中期の元禄時代に入ると江戸の人口が100万を超え、江戸前と
言われた東京湾の魚貝類だけでは供給が間に合わなくなり、銚子沖で
獲れた魚貝類を江戸に運ぶために整備された街道である。

 銚子に水揚げされた魚貝類は舟で利根川を遡り、木下河岸で馬に積み
替え陸路で本行徳河岸まで運び、再び舟に乗せ替えて日本橋・小網町の
行徳河岸へ運び入れていた。

 木下(きおろし)という地名は、周辺の台地で伐られた雑木をこの河岸まで
下ろして舟で江戸まで運んでいたことから付いた地名だという。

木下街道6宿.
@行徳宿 A八幡宿 B鎌ヶ谷宿 C白井宿 D大森宿 E木下河岸 .
. .
旅の記録