中原街道 道中記 表紙に戻る


街道地図

中原街道
桜ケ丘から寒川まで   
 桜ケ丘から寒川までは比較的坦々とした街道歩きが続くが、厚木基地前通過の際は
ジェット戦闘機の飛行訓練が行われており思わぬ経験を。
 今でこそ街道沿いに家並みが途切れることは無いが、江戸時代は見渡す限りの草原
が続いていたのではないだろうか
 途中の用田に継立場があり、寒川の一之宮には何軒かの旅籠があった。

桜田門から五反田五反田から丸子の渡し丸子の渡しから中山 中山から桜ケ丘 桜ケ丘から寒川 寒川から中野御殿

平成27年12月1日


 中原街道の旅 5回目は小田急線の踏切を越えた桜株十一面観音前からである。
すぐ先の 新道下(しんみちした)交差点を過ぎたら上り坂になるかと思いきや下り坂。下った先の新道下大橋を渡ると今度は上り坂となる。

 坂を上りきった先で現・中原街道は左に曲がっていくが旧中原街道は
「米軍厚木基地」(左)脇を真っ直ぐ進んで行く。

 しばらく歩いていたらハラワタを揺さぶるような想像を絶する轟音が。
ジェット機が飛び立ったようだ。それにしても凄い轟音。
 ほどなく旧中原街道は厚木基地の中へ。つまりこの先は消滅。

 基地が真正面に見える場所まで歩くと、多くのカメラマンが飛行場にレンズを向けている。その先には「離陸待ちのジェット戦闘機」(右)が並んでいるがこの轟音と付き合う地元の人は大変だ。

のっけから街道とは関係ないジェット機の轟音の話で申し訳なかった。これから街道の旅となります。

 中原街道は厚木基地先の綾瀬大橋交差点で左へ曲がっていくが、
ここに「春日新道(しんみち)(左)の表示が。? 道を間違えたか?

 実はこの名前は綾瀬市が公募して名付けた愛称なのだそうだ。「中原街道」という立派な街道名があるのに余計なことをしてくれたもんだ。

 廻り坂を上り、しばらく歩くと街道際に地蔵・堅牢大地神・庚申塔などの「石塔が3基」(右)。庚申塔は文化11年(1814)の建立で道標を兼ねている。右側面に刻まれた文字は「?江戸・西阿つぎ 道」と読める。

 10分ほど歩いた先、綾瀬市深谷交差点際の大法寺入口両側に据えられた「髭題目碑」(左)は250年ほど前の明和4年(1767)建立。傷みも少なく、南無妙法蓮華経の文字がしっかりと読み取れる。

 その先数分、フェンスに囲まれた中に「石塔が3基」(右)と不動明王が鎮座している。左の五輪塔は宝暦9年(1759)、先ほども見かけた堅牢大地神は文政2年(1819)、右側の庚申塔は蔓延元年(1748)の建立。

 不動明王は比較的新しそうだ。

街道は比留川に架かる新道橋を渡って坂道を上っていく。

 綾瀬市吉岡の交差点を左に入ったすぐの御嶽神社鳥居脇に金網で守られた「不動明王と堅牢地神」(左)が鎮座している。傷みがかなり激しく、「堅牢・・・・」までしか読めないのが残念。

 堅牢大地神、見ることが少ない神だが大地を司る神で、春には豊作を祈願し、秋には収穫を感謝するという。 矢倉沢往還の松田惣領宿でも何回か見かけることがあった。

 さらに十数分、ガソリンスタンド横の路地際に大正11年(1922)建立の「道祖神」(右)がひっそりと佇んでいる。

その先の女坂を上ると「サイホウ塚」(左下)と呼ばれる小さな塚が。

 変わった名前だが、後ろの卒塔婆には「南無妙法蓮華経為 佐要坊塚」と記されているが云われが分からない謎の石塔である。この石塔は道標も兼ねており、側面に「右 江戸 左 一之宮」と刻まれている。

 ここから藤沢市に入り今度は下り坂。下りきる直前に右に入りちょっと寄り道を。向かった先は「中将姫の祠」(右)。

 中将姫は奈良時代の右大臣藤原豊成公の娘で、秀でた美貌と才能の持ち主。17歳で中将法如として仏門に入り、称讃浄土教一千巻を写経。宝亀6年(775)、29歳で諸仏の来迎を受けて大往生したという。

 街道に戻りテクテクと歩いていると、後ろから見られているような。
フットと振り返って見ると「双体道祖神」(左)が。傍らの碑板に平成9年再建とある。  ちょっと残った手作り感がいいですね〜


 用田の辻向うに見えるのは「不動明王道標」(右)。かつて、大山詣でが盛んであった安政4年(1775)に道標兼として建立されたものだが、風化が進み台座部分に刻まれた道標はほとんど読み取れない状態。


 用田の辻を過ぎると遥か彼方まで真っ直ぐ。その先は大きく左に曲がり次は右に曲がって大蔵(おおぞう)まで来ると露木家の立派な「長屋門」(左)が目に入る。

 長屋門の先で中原街道は二つのルートに分かれる。右の細い道は江戸時代初期のルートで、寒川小学校東側、安楽寺西側を通り、JR相模線、県道47号を横断して県道45号(江戸時代後期の中原街道)に合流する。

 左に曲がるルートは江戸時代後期に開通したルートで、県道45号がこのルートをたどっている。


 今回の旅では左に曲がるルートを歩くことに。 小谷(こやと)の交差点を過ぎた左側に「十三塚」(左)の一つ「おこり塚」がある。 この塚を盗掘した者が瘧(おこり・病の名)にかかったという言伝えがあるそうだ。

 その他に「小僧塚」と呼ばれる小さな塚と、おこり塚より若干小さい塚も現存。「無名塚」と呼ばれる十三塚跡には標柱が建てられている。

 坂を下った先の小さな公園の奥に「地蔵尊」(右)がひっそりと立っていました。

 予備校の前に「(たぐい)稀なる知略・・・文武の偉才」などの文字が刻まれた「梶原景時を讃える碑」(左)が設置されている。 源義経を死に追いやった「大悪人」とも評された人物だが地元では英雄のようだ。


 街道はその先のJR相模線の踏切を渡り、景観寺前交差点を右に曲がっていくのだが、その景観寺の本堂前にある「宝篋印塔」(右)は
享保12年(1727)に建立されたもの。

景観寺を出てしばらく歩くと広場の入口に「梶原伝七士の墓」と記された案内板があるので広場の奥へ。

 広場の突き当りを右へ曲がると「伝 梶原氏一族郎党の墓」(左)がある。正治2年(1200)、梶原氏一族郎党が上洛の途中、清見関(静岡・清水)で討ち死に。留守居役の家臣がここに弔ったと云われている。

 西町集会所の壁面にある梶原景時解説板によると、平家に敗れた
源頼朝を平家方の梶原景時が発見したが、討たずに救ったことが景時と頼朝の出会いで、後に頼朝の家臣となり一之宮を拝領したという。

 その「景時の館跡」(右)がすぐ先にある。頼朝の死後、鎌倉を追放された景時は再起を期し上洛しようとしたが、清見関で北条方の軍の攻撃を受け討ち死に。後に里人が跡地に天満宮を創設したという。

 景時館跡からほど近い所に「車地蔵堂」(左)があるのでちょっと寄り道を。 堂内に安置されているのは地蔵三体。肝心の車地蔵は厨子の中に納められており、御開帳の時以外は拝観はできない。


 街道に戻ると、すぐ先の一之宮小学校付近は大山詣が盛んだったころの「一之宮宿辺り」(右)で、旅籠や茶屋があったそうだが今はその面影は全く無い。

 その先の三叉路を右へ行く道が中原街道だが、ここは左に進んで
「八角広場」(左)に寄り道を。

 かつて西寒川駅があった場所だが、第二次大戦中は相模海軍工廠の引き込み線として使われていた。昭和35年(1960)に旅客駅として開業したが、昭和59年(1984)に廃線となっている。

 「廃線後の線路跡」(右)は遊歩道として整備されたが、一部区間には線路が残されており往時の面影を感じることができる。

 今回の旅はここまで。八角広場からは廃線跡の遊歩道を通ってJR寒川駅へ。

 前の街道中山から桜ケ丘までに戻る  次の街道寒川から中原御殿まで        表紙に戻る