HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/8/30  上瀬谷から本町田をアップしました

中原街道 道中記 五街道の旅に戻る

脇往還の旅に戻る


 中原街道は武蔵と相模を結ぶ街道として中世(鎌倉・室町時代)には
成立していた。 その後、小田原北条氏が本格的な整備を行い軍用道路として活用。

 天正18年(1590)、 徳川家康の江戸入りに際しては東海道がまだ
整備されていなかったため平塚からこの道を利用して入府。
 慶長元年(1596)、家康は平塚に中原御殿を設け、鷹狩や駿府との
往来時に利用。この中原御殿に由来して中原街道と呼ばれるように
なったが、中原で醸造された「酢」を江戸へ輸送する経路であったこ
とから「御酢街道」とも言われていた。

 その後、東海道が整備されると大名行列などは東海道を通るようになり主要街道から脇往還となったが生活道路としては結構な賑わいの街道であった。

 当初の起点は江戸城桜田門であったが、江戸城の拡張に伴い
虎ノ門起点へと変わっている。虎ノ門の先は、三田、五反田を通り、
多摩川を渡って丸子、小杉から横浜・佐江戸を経て、瀬谷、寒川を通り相模川を渡って平塚・中原御殿へと至っている。

 なお、中原街道は脇往還であったことから継立場は在ったが、
正規の宿場は無かった。
中原街道の旅
 第1回  桜田門から五反田       桜田門を出発した中原街道は霞が関の官庁街を通り、三田から旧道に入り
しばらくは尾根筋の高台を通った後 国道1号に合流して五反田へ。
 第2回  五反田から丸子の渡し  五反田の先から700mほどの区間だが旧道が残っている。その先の洗足池では
都会の喧騒を忘れて池畔を散策。福山雅治が歌った桜坂を下ると丸子の渡しである。
 第3回  丸子の渡しから中山  多摩川の丸子橋を渡ったら小杉御殿があった中原を通り、途中で何カ所か旧道を
歩き、港北ニュータウンを抜けたら継立場のあった佐江戸を通って中山へ。
 第4回  中山から桜ヶ丘  旧都筑郡中山からの中原街道はアッダウンの連続。江戸時代は今より斜度が
きつかったろうから荷車には過酷な街道だったと想像する。
 第5回  桜ケ丘から寒川  桜ケ丘を過ぎると厚木基地で街道が分断されるが、その先は、ほぼ現中原街道と
重なっているので迷うことはない。寒川に入ると、江戸時代前期までの道と江戸時代
後期の道に分かれる。今回は江戸時代後期の道を歩く。
 最終回  寒川から中野御殿  相模川を渡り平塚に入ると旧道の消滅区間が多くなるが、所々に旧道が残っており
往時を偲ばせてくれる。中原街道は中原御殿からさらに花水川を渡り東海道大磯宿
までであるが、今回の旅では中原御殿までとした。

五街道の旅に戻る