HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/11/5 西国分寺から所沢をアップしました

鮮魚街道 道中記 『五街道の旅』に戻る

『脇往還の旅』に戻る

 鮮魚街道は名のごとく鮮魚を輸送した街道で、正式名称は無かったが、いつの頃からか呼ばれた街道名が『鮮魚(なま)街道』

 江戸の人口が増えてくると、江戸前といわれた東京湾の魚だけでは足りなくなり、銚子沖や九十九里周辺で水揚げされた魚貝類を高瀬舟に乗せ、利根川を関宿まで北上、 ここから江戸川に入って新川、小名木川を通り江戸日本橋に送りこまれるようになった。

 しかしこのルートは距離が長いこと、冬季の渇水期は高瀬舟が関宿付近を通れなかった事などから、木下河岸から白井宿・鎌ヶ谷宿を経て本行徳河岸まで馬で運ぶルートが開拓された。だが、宿次ぎ(宿場毎に荷の積み替えを行う)であったため様々な問題が発生。

 一方、新田開発などで布佐・松戸間を結ぶルートが開通すると、こちらは通し馬が可能であったことから、次第に新ルートでの輸送が主流となり、鮮魚(なま)街道と呼ばれるようになった。
鮮魚(なま)街道 布佐河岸(利根川)から納屋河岸(江戸川)まで
鮮魚街道@布佐河岸から富塚  鮮魚街道A富塚から五香 鮮魚街道B五香から納屋河岸 旅の記録