HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/11/5 西国分寺から所沢をアップしました

西浦賀道 道中記

五街道の旅に戻る

脇往還の旅に戻る

①戸塚から鎌倉まで前半  ①戸塚から鎌倉まで後半

②鎌倉から葉山一色まで前半  ②鎌倉から葉山一色まで後半

③葉山一色から大津まで
 江戸湾に入る船舶の監視や海難救助を行っていた下田奉行所が享保5年(1720)
三浦半島の浦賀へ移転。 江戸 ー 浦賀間の交通が頻繁になったことから東海道から
分かれる二本の道が整備された。 これが東と西の浦賀道である。

 西浦賀道は東海道・戸塚宿から分かれ、笠間で鎌倉街道中道に合流し鎌倉に入る。
その先は鎌倉七切り通しの一つ、「名越切通し」を通って逗子・葉山に入り、葉山から
三浦半島を横断。大津陣屋の先で東浦賀道に合流して浦賀奉行所に向かう。

 今回の旅は東海道・戸塚宿の八坂神社前から西浦賀道(戸塚道)に入り、鎌倉を経て
葉山から三浦半島を横断し東浦賀道合流点までの旅とした。

 東浦賀道合流点から先は東浦賀道 道中記を参照ください。