HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日 H29/12/13  狭山から西大家をアップしました

『脇往還の旅』に戻る
『五街道の旅』に戻る
 矢倉沢往還は江戸・赤坂御門から三軒茶屋、厚木、松田、御殿場を経て東海道・沼津宿に至る街道で、東海道の脇往還として
機能しており、途中に矢倉沢関所が設けられていたことから【矢倉沢往還】と呼ばれていた。
 元々は律令時代に開かれた機内と東国を結ぶ主要街道(古東海道)で、官道として機能していたが、鎌倉時代に箱根湯坂道が
開かれ、さらに江戸時代になると箱根東坂 ・西坂が本道になり、裏街道という位置づけに変わってしまう。 しかし、江戸中期から
庶民の間に大山講が盛んになると 、宿駅が整備されていた矢倉沢往還が参詣道として利用されるようになり 、大山阿夫利神社
までの道を『大山街道』あるいは『大山道』と呼んでいた。
矢倉沢往還 人馬継ぎ立て場
赤坂御門から三軒茶屋へ 三軒茶屋宿から二子の渡しまで
江戸時代初期の道
三軒茶屋宿から二子の渡しまで
文化・文政以降の道
二子・溝口宿 ⇒
荏田宿 ⇒ 長津田宿 ⇒ 下鶴間宿 ⇒ 国分宿 ⇒ 厚木宿 ⇒ 宿愛甲 糟屋宿 ⇒
 大山阿夫利神社 ⇒ 善波峠越え ⇒   曽屋宿 ⇒   平安・鎌倉時代の道    千村宿 ⇒  
松田惣領宿 ⇒ 関本宿 ⇒ 矢倉沢宿 ⇒  竹之下宿 ⇒ 御殿場 ⇒  裾野⇒沼津(東海道合流点)